家づくりレッスン

Lesson04:窓にもこだわる


高性能な家にするためには、断熱材だけではなく窓も大事なポイントです。

ペア・トリプルなどガラスの枚数と、どんなサッシ形状を選ぶかも大切。

一概に窓といっても、ガラスも枠も色々な種類があるんです。

 

 

e-cubeの提案する家には、なんと、引き違いサッシがありません。

 

なぜなら、引き違いサッシはわずかな隙間がどうしても発生するから。

気密にこだわって家づくりをしていることが、選ぶ窓からも伝わると思います。

 

また、気密と共に大事にしているのがウインドキャッチ。

 

地域の風向きを調べ、窓の場所と開きを考えて、夏の風をキャッチできるように設計しています。

夏の日中は暑いけれど、朝と夜には暑さが和らぐ長野県。

 

風を上手く取り込めれば、エアコンを消しても窓からの風で十分快適に過ごせる時間もあります。

体にも優しいし、省エネですよね。

引き違いサッシよりも外に開く縦すべり窓の方が風を室内に取り込むことが出来ます。

 

この場合、縦すべり窓なら何でもいいのではなく、壁を伝う風を室内に取り入れるため開き勝手の向きが重要です。

また、一つの窓に2つ開口がある連窓なら、それぞれが風の入口と出口となって換気効率が高まります。

 

そしてもう一つのポイントは、ガラス。

 

サッシは壁よりも熱が逃げやすいので、断熱気密にこだわるなら開口はあまり開けるべきではありません。

ですが、e-cubeの造る家は、南面リビングには大開口窓を提案します。

これは、「日射取得型のトリプルガラス」を選ぶことによって、

冬の日中、サッシをストーブとして使うためです。

 

サッシをストーブとは?

 

寒い冬でも、窓から日射取得して部屋を暖めています。

 

窓の選び方は、デザインだけじゃないんです。奥深いでしょ。

方角と、その地域の風向きと日射から、窓もキチンと設計します。

 


合同会社 e-cube (イーキューブ)〒384-0093 長野県小諸市和田838-38

http://e-cubestory.com

Houzzに登録中の小諸市, 長野県, JPの齊藤絵美